スポンサードリンク

2007/09/23

究極の検索エンジンとは?

今回は、検索エンジンの未来像を。題して、究極の検索エンジンとは!

Webは今や何かを調べる便利な道具として使われていますが、これはひとえにGoogleやYahoo!の検索技術の飛躍的な進歩によるものが大きいでしょう。

今の検索エンジンは、「検索語」にマッチするWebページを被リンクなどの価値順に並べるものですが、これはまだまだ不完全なのです。なぜかって?たとえば、ケツメイシの「さくら」を調べようとしたときを想像してください。「さくら」で調べると、上位サイトは以下の通り。

1.レンタルサーバなら|SAKURA Internetの「さくらのレンタルサーバ」
2.SAKURA Internet // さくらインターネット : 価値あるサービスと満足を ...
3.さくら OFFICIAL SITE
4.さくら (タレント) - Wikipedia
5.横峯さくらオフィシャルサイト YOKOMINESAKURA.com
6.株式会社さくらホームページ
7.Amazon.co.jp: さくら: 音楽: 高野健一
8.日本さくらの会 ・・・

桜もあれば、タレントのさくら、プロゴルファーの横峯さくらさん、「(株)さくらインターネット」・・・とさまざま。文字だけだといろいろな意味を持つので、文字だけでは望む検索結果が得られないという例です。

一方で、Google登場の後にもう一段のブレイクスルーもありました。それは、「イメージ」検索技術。絵や写真を検索文字と結びつける「タグ」機能がイメージ検索を可能にしました。

今後、検索エンジンはどのような進化を遂げるのでしょう?また進化の方向によりSEO対策も変わっていくのでしょう。

検索技術に思いを馳せるとなかなか面白いなぁと思った今日この頃でした。

---
自分でできるSEO対策トップへ

ラベル:

|
スポンサードリンク

ページの更新頻度とPageRankや検索順位の上昇の関係は?

今回は、ブログの更新頻度がPageRankや検索順位の上昇に関係するかどうかの話題。

Web担当者フォーラムというブログで、SEOの観点から以下の解説があります。
---
まず、PageRankはウェブページに張られたリンクを基準にページの重要度を判断する指標であり、ウェブページの更新を頻繁にしたからといってPageRankが上昇することはありません。

次に、更新頻度と検索順位の関係ですが、同様に関係ありません。

参照元:「Web担当者フォーラム
---

PageRankは、「被リンク」(自分のページへリンクされているページの質、数)によって決まるため、更新頻度とは関係なく、検索順位も検索語との関連の高さと被リンクの質・数により決められる価値により順位付けされるので、更新頻度にはやはり影響がないとのこと。

SEO的には効果がなくても、更新が頻繁なサイトは訪問者に好まれますのでそのサイトを知っているユーザからのアクセスは当然増加します。また、更新頻度が高いということは、サイト内のページ数が増えることになるので、記事数が増えることによるサイト全体の価値が向上する側面もあります。

技術的には影響は低くても、「アクセス数」はそれなりに増えるというのが正しいというのが管理人の意見です。

---
自分でできるSEO対策トップへ

ラベル: ,

|
スポンサードリンク